忍者ブログ
I am the master of my fate.I am the captain of my soul.

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風立ちぬ をみた。

機会があったので風立ちぬをみてきた。

僕は高校の頃シネマニア同好会だったので、映画に関しては普通以上に詳しいつもりだ。

とはいっても見る映画には偏りはあるし、沢山見ているわけでもない。

それでも、風立ちぬは素晴らしかった。

これは表現できない。

Beyond Description

Genuine art cannot be described by words.

本当になんとも言えない。

レビュー書いている人はすごいと思う。

あの映画を表現できるほどの素晴らしい頭脳を持っているのだから。

僕にはそのような才能はない。


あれは、本当にたくさんの人に見てほしい。

だけれど、かの映画はトトロのようなものでもないし、それに次ぐジブリ映画ではない。

宮崎駿映画だ。


伝説に残る映画だと思う。

今まで邦画は人を死なせてわんわん泣くってのが一つの流れだったが、

それをこれはガラッと変えた。


表現するとしたら、美しい。綺麗。そのような形容詞がベターだと思う。


これほどにまで残酷なはずなのに、とってもきれいだ。


申し訳ないが、この映画はおそらく日本人にしかわからない。

というか、外国にはこのような概念は存在しないだろう。

何とも言えない、せつなさ、悲しさ。しかしそれゆえ際立つ美しさ。


なんか、日本っていいなぁと思ってしまった。



あと、声優が批判されている。

あれは声優に詳しくない俺でも下手だってわかるぜwwwwwwww


とか言っている人もいる。

でも、本当に下手なのだろうか。


本当に初心者を宮崎駿が起用するとは思えない。


そして、あの声だからこそ風立ちぬは

綺麗な映画になるのだ。

あの不器用な感じ。

確かに、綺麗に作られた声に慣れている人は聞くに堪えないかもしれない。


しかし、あの声だからこそ、描ける世界があるのだ。


納得いかなかった人はもう一回見てほしい。

それでもわからなかったら少し間を置いてまた見てほしい。きっとわかるようになる。


あんまり僕は映画では泣かない。

泣くこともあるけどww


でも、映画館のトイレでわんわん泣いてしまった。

めちゃくちゃあの生き方が共感できた。

あのせつなさ。

夏の切なさ。


もうみんなみろよwww

みなきゃやっぱわかんねぇよw


でも、もし少しでもわかったり、共感できたりすればもう。

俺のいまの気持ちがきっとわかるぜ

じゃあな


PR